さくらのVPS サーバ監視(β) の利用方法

概要

「さくらのVPS サーバ監視(β)」は、ご契約中の「さくらのVPS」や「さくらのVPS for WindowServer」のネットワーク疎通監視を行うサービスです。※さくらの追加ストレージ(NFS)は対象外

設定した監視間隔で、さくらのVPSのネットワーク疎通監視(ping, tcp)やアプリケーション監視(http, smtpなど)を行い、ダウン検知時、及びダウンからの復旧時にメールやSlack(Discord)で通知します。

ダウン検知後も設定したチェック間隔で確認を継続し、復旧していない場合は再通知間隔で設定した時間おきに再通知を行います。

注意事項

・監視対象は「IPv4」アドレスです。「IPv6」アドレスには対応しておりません。
・本機能での監視対象となるプロトコルは「ping / tcp / ssh / smtp / pop3 / http / https」です。
・監視対象として設定できるサーバは、会員IDに紐付いたご契約中の「さくらのVPS」「さくらのVPS for WindowServer」サーバです。
・他サービスや異なる会員IDでご契約中のさくらのVPSは監視対象として設定できません。
・1会員IDあたり100個まで、監視の設定が可能です。
・監視対象を設定する際、コントロールパネルへのログインには「会員IDでログイン」する必要があります。
・サーバ側で接続元の制限等を行われている場合は、監視元ネットワーク(27.133.139.32/28)からの接続を許可してください。
・監視対象のサーバを解約した場合、契約期間終了後のサーバ廃止時に監視設定が削除されます。解約時点でサーバ監視を停止する場合は、コントロールパネルから設定の削除、または停止してください。

利用方法

サーバ監視の追加

1.さくらのVPSのコントロールパネルへ「会員ID」と「会員メニューパスワード」を入力してログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード
お申し込み時にお客様にて決めていただいた任意のパスワード。
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2.「サーバ監視(β)」をクリックします。

3.「+追加」をクリックします。

4.サーバ監視追加の画面が表示されます。各項目に監視対象サーバの情報を選択、または入力した後に「追加」をクリックします。

サーバ選択 サーバ監視に追加する「さくらのVPS」を選択します。
名前 コントロールパネルに表示する名前を入力します。
説明 追加するサーバ監視に関する備考等を入力します。(任意項目)
監視方法 ping / tcp / ssh / smtp / pop3 / http / https」から監視するプロトコルを選択します。
監視対象のポート 監視対象のポート番号を設定します 。
※「監視方法」で「tcp / ssh / smtp / pop3 / http / https」を選択した場合のみ表示されます。
監視対象のHostヘッダ Hostヘッダを入力します。(任意項目)
※「監視方法」で http または https を選択した場合のみ表示されます。
監視対象のパス HTTPレスポンスコードを取得するパスを入力します。
※「監視方法」で http または https を選択した場合のみ表示されます。
監視対象の認証ユーザ名 BASIC認証エリアを監視する際に認証するユーザ名を入力します。 (任意項目)
※「監視方法」で http または https を選択した場合のみ表示されます。
監視対象の認証パスワード BASIC認証エリアを監視する際に認証するパスワードを設定します 。(任意項目)
※「監視方法」で http または https を選択した場合のみ表示されます。
正常と見なすHTTPステータスコード 「監視対象のパス」で入力したパスに接続した際、正常時となるHTTPレスポンスコードを設定します。
※「監視方法」で http または https を選択した場合のみ表示されます。
監視対象のSNI設定 SNIを設定しているサーバに対して監視する場合の「有効」を設定します。
※「監視方法」で https を設定した場合のみ表示されます。
チェック間隔 疎通チェックの間隔を1分〜60分の間で設定します。
再通知間隔 ダウン判定が継続している場合、一定時間ごとに再通知する間隔を1時間単位で指定します。
通知先 ご希望の通知先にチェックを入れてください。 ※デフォルトは「メール(会員メール)」にチェック済み

通知先に「Discord」の指定する場合は、通知先の「Slack」にチェックを入れて、DiscordのWebhook URLの末尾に /slack を付与してご入力ください。
■入力例
https://discordapp.com/api/webhooks/***/***/slack

5.以上でサーバ監視(β)の追加は完了です。

サーバ監視のON/OFF

サーバ毎にサーバ監視(β)のON/OFFを設定することができます。
対象サーバのチェックボックスにチェックを入れて、「ON」または「OFF」をクリックすることで変更が可能です。

サーバ監視をOFFにした場合、表示が「正常」から「OFF」になります。

サーバ監視の削除

1.削除対象のサーバ監視(β)をクリックします。

2.「削除」をクリックします。

3.確認画面が表示されます。問題なければ「削除する」をクリックします。

4.以上でサーバ監視(β)の削除は完了です。

ページの先頭へ