さくらのVPSで実現する3拠点DR(ディザスタリカバリ)構成

概要

本ドキュメントでは、さくらのVPSを利用してDR(ディザスタリカバリ)を目的としたサーバ構成例をご案内します。
なお、複数拠点にサーバを設置する構成のため、さくらのクラウドのオプションサービスを利用してGSLB(広域負荷分散)も導入します。

前提条件

・同一リージョン内のサーバ同士の接続には「スイッチ」が必要です。
・複数拠点にサーバを設置するため、拠点間(リージョン間)の接続や広域負荷分散には、さくらのクラウドで提供中のオプションサービス「ブリッジ接続」「GSLB(広域負荷分散)」が必要です。
・接続できる「さくらのVPS」はV3以降(2012年3月29日以降のプランにて申し込まれたサーバ)です。

事前準備

・さくらのクラウドアカウントをお持ちでない場合、こちらから新規登録の手続きを行ってください。

さくらのクラウドに新規登録してみよう(2018年2月版) – 「楽しいさくらのクラウド」(20)

サーバ構成例

・東京リージョンと大阪リージョンに設置したサーバを冗長化
・石狩リージョンの「追加ストレージ(NFS)」でバックアップを取得
・さくらのクラウドの「GSLB」を利用して負荷分散

サーバ構成例の補足

・東京リージョンと大阪リージョンの2箇所にWebサーバを設置し、GSLB(広域負荷分散)でロードバランシングします。
・東京リージョンのDB(マスター)サーバから同期方式で、大阪リージョンのDB(スレーブ)サーバはデータを取得しています。
・東京/大阪リージョンのWebサーバは、通常、DB(マスター)サーバ側を参照しています。
・DB(マスター)サーバが故障した場合、DB(スレーブ)サーバが昇格してDB(マスター)になります。
・追加ストレージ(NFS)では、DB(マスター)サーバのバックアップを1日1回取得して世代管理を行っています。

構築作業

設定例が多岐にわたるため、本ドキュメント内ではWebサーバやDBサーバの構築方法はご案内しておりません。お客様にて東京リージョンと大阪リージョンに各サーバをご用意ください。

構築作業として以下の流れでご案内いたします。

1.追加ストレージ(NFS)の作成・設定
2.スイッチの作成・設定
3.ブリッジの作成・設定
4.DB(マスター)サーバと追加ストレージ(NFS)の疎通確認
5.GSLBアプライアンスの作成・設定

1.追加ストレージ(NFS)の作成・設定

DB(マスター)サーバのバックアップ保存先として、追加ストレージ(NFS)を利用します。

追加ストレージ(NFS)の作成

(1)さくらのVPSのコントロールパネルへ「会員ID」と「会員メニューパスワード」を入力してログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード
お申し込み時にお客様にて決めていただいた任意のパスワード。
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

(2)[追加ストレージ(NFS)]を選択して右上の[追加]をクリックします。

(3)追加ストレージ(NFS)のゾーンとプランを選択し、ネットワークなど設定に関する情報を入力します。

ゾーン (※) 追加ストレージ(NFS)を作成するゾーンを選択します。
プラン (※) 追加ストレージ(NFS)のプランを選択します。
名前 / 説明 コントロールパネルで管理する際に分かりやすい名前や説明を入力します。
IPアドレス (※) ローカルネットワークのIPアドレスを入力します。
ネットマスク (※) ローカルネットワークのネットマスクを入力します。

(※)は必須項目

(4)「支払い方法」を選択します。選択した支払い方法に関する情報が表示されますので、内容をご確認ください。また、「クーポン」をお持ちの場合はご入力ください。※お試し期間は「クレジットカード」を選択した場合のみご利用可能です。

(5)[申し込み]をクリックすると、支払い方法に関する確認画面が表示されます。(画像はクレジットカードで支払いを選択した場合)

(6)ページ下部に約款について記載があります。内容を確認し、同意いただけましたら[同意する]にチェックを入れてください。

(7)[申し込む]ボタンをクリックすると追加ストレージ(NFS)のお申し込みは完了です。[準備中]が[停止中]になればご利用可能です。

2.スイッチの作成・設定

スイッチの作成

(1)さくらのVPSのコントロールパネルにログインし、[スイッチ]を選択します。その後、[+スイッチ作成]をクリックします。

(2)必要な情報を選択、または入力して[スイッチを作成する]をクリックします。

名前 (※) スイッチの名前を入力します。
説明 スイッチの役割など、管理する際に分かりやすい説明を入力します。
ゾーン(※) スイッチを作成するゾーンを選択します。

(※)は必須項目

(3)東京/大阪/石狩でそれぞれスイッチを作成してください。

サーバとスイッチの接続

(1)[サーバ]を選択し、サーバ一覧からスイッチと接続するサーバをクリックします。※サーバは「停止中」の状態にしてください

(2)[各種設定]を選択し、[ネットワーク接続]をクリックします。

(3)スイッチと接続するネットワークインターフェースを選択し、表示された接続先スイッチを選択します。その後、[接続先を変更する]をクリックします。

(4)東京/大阪/石狩の該当サーバをすべてスイッチに接続してください。

3.ブリッジ接続の作成・設定

複数拠点間でサービスを接続するため、「ブリッジ接続」の作成や設定を行います。

ブリッジの作成

(1)「さくらのクラウド」のログイン画面からさくらのクラウドユーザとしてログインします。

(2)[さくらのクラウド(IaaS)]のアイコンをクリックします。

(3)ブリッジを作成するゾーンを選択します。※お客様の任意のゾーンをご選択ください

(4)[ネットワーク]から[ブリッジ]をクリックします。

(5)[+追加]をクリックします。

(6)「名前」と「説明」を入力(どちらも任意)して、下部の[+作成]をクリックします。

(7)確認画面が表示されますので[作成]をクリックします。

(8)ステータスが「成功」になれば、ブリッジの作成は完了です。[閉じる]をクリックして作成作業を終了します。

ブリッジにスイッチを接続する

(1)ブリッジを作成したゾーンを選択します。

(2)[ネットワーク]から[ブリッジ]をクリックします。

(3)スイッチと接続するブリッジをダブルクリック、または選択してから[詳細]をクリックします。

(4)[VPSスイッチ]をクリックします。

(5)[+接続]をクリックします。

(6)VPS側のスイッチを[-▼]から選択して、[接続]をクリックします。

(7)ステータスが[成功]になれば接続完了です。東京/大阪/石狩の該当スイッチをすべて接続してください。

4.DB(マスター)サーバと追加ストレージ(NFS)の疎通確認

マウントするサーバの設定

ネットワークインターフェースへのローカルIPアドレス設定

VNCコンソール等でDB(マスター)サーバにログインし、コマンドによる編集や設定ファイルの編集・新規作成を行います。

  • DB(マスター)サーバ:
    ローカルIPアドレス 192.168.1.1 / サブネットマスク 255.255.255.0
    追加ストレージ(NFS):
    ローカルIPアドレス 192.168.1.2
  • 【設定例】ネットワークインターフェース(eth1/ens4)にローカルIPアドレス「192.168.1.1」とネットマスク「255.255.255.0」を設定した後、追加ストレージ(NFS)のローカルIPアドレス「192.168.1.2」へ疎通確認をする。

サーバに追加ストレージ(NFS)を認識させる

必要なアプリケーションをインストールし、追加ストレージ(NFS)をマウントします。

  • 追加ストレージ(NFS)のエクスポートディレクトリは「/export」です。
  • 【設定例】追加ストレージ(NFS)のローカルIPアドレスが「192.168.1.2」で、/mntディレクトリにマウントする。

マウントの確認

マウントの状態は、dfコマンドやmountコマンドで確認できます。「192.168.1.2:/export 〜」のように追加ストレージ(NFS)のローカルIPアドレスが表示されていればマウント完了です。

システム起動時に追加ストレージ(NFS)を認識させる

サーバを再起動した際、追加ストレージ(NFS)を自動でマウントするように「/etc/fstab」ファイルを編集します。

以上で追加ストレージ(NFS)を利用するための設定は完了です。

補足事項

追加ストレージ(NFS)に接続できなくなった場合

追加ストレージ(NFS)をハードマウントしている場合、追加ストレージ(NFS)が収容されているホストサーバ側にメンテナンスなどが発生した際、マウントしたサーバから接続できなくなることがあります。

この場合は一度マウント状態を解除した後、再度マウントしてください。

5.GSLBアプライアンスの作成・設定

ここではさくらのクラウドのオプションサービスである「GSLB(広域負荷分散)」の作成と、GSLBのロードバランシング先となる実サーバを設定します。

なお、DNSのCNAMEを利用するサービスのため、「example.jp」のようなCNAMEが設定できないFQDNではご利用頂けません。(※ xn–で始まるPunycodeの設定にも対応しています)

また、ヘルスチェックは以下のIPアドレス範囲より行います。登録した実サーバ側では、以下の各IPアドレス範囲から指定したヘルスチェック種類に対して正常に応答するよう設定を行ってください。

GSLBの料金や仕様については、さくらのクラウド ドキュメント「GSLB(広域負荷分散)」をご確認ください。

さくらのクラウド ドキュメント – GSLB(広域負荷分散)

GSLBアプライアンスの作成

(1)さくらのクラウドのログイン画面から「さくらのクラウドユーザとしてログイン」します。

(2)[グローバル] のアイコンをクリックすると、ダッシュボードが表示されます。

(3)左側メニューの [GSLB] をクリックします。

(4)[+追加] をクリックします。

(5)必要な情報を選択または入力して、[+作成] をクリックします。

監視方法(*) IPアドレス、ポート番号で指定したロードバランシング先のサーバの監視方法を http、https、ping、tcp より設定します。
http、https を指定すると追加設定項目が表示され、Hostヘッダと監視対象のパスと正常時に返答されるレスポンスコードの設定ができます。
tcp を指定すると、監視対象ポート番号の追加設定項目が表示されます。
チェック間隔(秒) (*) 実サーバの死活監視を実行する間隔を設定します。
設定値は10~60の範囲の整数値となります。
重み付け応答 (*) 実サーバに設定したIPアドレスごとに、応答確率を調整可能な重み付け設定を行うかどうかを選択します。
ソーリーサーバ バランシング先が全てダウン状態となった場合に誘導する先を設定します。
名前 / 説明 / タグ / アイコン サーバやディスク、他のアプライアンスと同様に、わかりやすい名前設定やタグ、アイコン機能による分類が可能です。

※「*」は必須項目です
※作成時に指定した「監視方法」と「チェック間隔」は、GSLB詳細画面にある「監視方法の変更」ボタンをクリックすることで変更することが可能です(「反映」操作は不要)

(6)ステータスが「成功」になればGSLBの追加は完了です。[閉じる]を押します。

(7)左メニューの[GSLB]をクリックすると、作成済みのGSLB一覧が表示されます。作成と同時に生成されるFQDNもここで確認できます。

以上でGSLBアプライアンスの作成は完了です。

実サーバの設定

ここではサーバ構成例の「東京/大阪」リージョンにある2台のWebサーバを設定します。

(1)左メニューの[GSLB]をクリックしてGSLB一覧を表示し、設定を行うGSLBをダブルクリックします。

(2)[実サーバ]をクリックした後、[+追加]をクリックします。

(3)必要な情報を選択または入力して、[+作成] をクリックすると実サーバが追加されます。

IPアドレス ロードバランシング先サーバのIPアドレスを設定します。
有効/無効 ロードバランシング対象とするかどうかを指定します。
実サーバ設定時に「有効」に設定すると、追加操作直後にロードバランシング対象に含まれます。
重み値 実サーバに設定したIPアドレスごとの応答確率を、1~10000の範囲の整数値で指定します。

※「*」は必須項目です

(4)実サーバを追加してから「反映」をクリックします。

(5)操作確認の画面で[はい]をクリックします。この操作によってGSLBアプライアンス側へ設定が反映されます。

以上で実サーバの設定は完了です。

FQDNのDNS登録

ロードバランシング先となるWebサーバのFQDNへ、CNAMEとしてGSLBのFQDNを登録します。
以下は「www.example.jp」をロードバランシング用ホスト名として設定する場合のゾーンファイル記述例です。

※CNAMEにはGSLB作成時や詳細画面に表示されるFQDNを指定してください

ページの先頭へ