さくらのVPS スケールアップの利用方法

概要

サーバーのスペックが足りなくなったとき「スケールアップ」機能を利用すれば、コントロールパネルからいつでも簡単に上位プランに変更できます。
プランは変更せず、より大容量のストレージへ変更する「ストレージ変更オプション」も選択可能。
サーバーIPアドレスはプラン変更前のIPアドレスを引き継ぐため、プラン変更後も以前と同じIPアドレスをご利用いただけます。

スケールアップできるサーバーの条件

さくらのVPS V4、V5のサーバープランのお客様(2014年11月27日以降に契約されているサーバー)のお客様に限りご利用いただけます。

以下の場合はご利用できません

・現在よりもディスク容量が少ないプランへの変更
・別リージョン、別ゾーンへのスケールアップ
・お試し期間中や、料金が未納状態になっているサーバーのスケールアップ
・「for Windows Server」へのスケールアップ
・「さくらのVPS」を申し込まれた当日のスケールアップ

スケールアップ 利用方法

(1)さくらのVPSのコントロールパネルへ「会員ID」と「会員メニューパスワード」を入力してログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード
お申し込み時にお客様にて決めていただいた任意のパスワード。
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

(2)スケールアップを行うサーバをクリックします。

(3)サーバが[稼働中]の場合は、[シャットダウン]等でサーバを[停止中]にします。

(4)「各種設定」をクリックし、「スケールアップ」を選択します。

(5)スケールアップできるプランが表示されます。変更したいプランを選択して「決定」をクリックしてください。

(6)「お支払いのご確認」が表示されます。[変更プラン]と[登録中のクレジットカード]に問題が無いことを確認して、クレジットカードの「セキュリティコード」を入力してください。
なお、[登録中のクレジットカード]が無い場合は、[カードの新規登録(会員メニュー)]をクリックしてご登録ください。

クレジットカード番号の登録・変更

「約款のご案内」をご確認いただき、同意いただけましたら『「個人情報の取扱について」に同意します』にチェックを入れて「スケールアップに申し込む」をクリックしてください。

(7)サーバーの状態が「進捗中」になります。プラン変更前サーバーのご利用状況によって、スケールアップの完了に必要となる時間は異なります。画面上部の進捗率が「100%」になればスケールアップは完了です。

ディスク拡張の方法について

スケールアップを行うとCPUコア数とメモリは自動的に増加いたしますが、ディスクについてはお客様で拡張する必要があります。
ディスク拡張の方法はお客様ごとに異なりますが、さくらのVPSの標準OSのディスク拡張は下記のドキュメントをご確認ください。

さくらのVPS ディスク拡張手順 (標準OS CentOS6.8)
さくらのVPS ディスク拡張手順 (標準OS CentOS7.2)
さくらのVPS ディスク拡張手順 (標準OS Ubuntu14.04)
さくらのVPS ディスク拡張手順 (標準OS Ubuntu16.04)

料金計算について

スケールアップ時にお支払いする料金は「スケールアップ先 サーバープランの料金2ヶ月分(スケールアップ元が月払いの場合)」もしくは「スケールアップ先 サーバープランの料金1年分(スケールアップ元が年払いの場合)」から「スケールアップ元 サーバープランの料金」の未使用分の料金の差額とスケールアップ先サーバープランで「ストレージ変更オプション」を選択された場合、変更手数料の合計料金となります。

この「未使用分の料金」の計算方法は「スケールアップ元サーバープランの料金」の1日あたりの単価を計算し、スケールアップ元の利用日数をかけたものが利用済みの料金となるので、その金額を「スケールアップ元のサーバープランの料金」から引いたものとなります。

「スケールアップ元 サーバープランの料金」の1日あたりの単価は計算方法は下記をご覧下さい。

  • 月払い時の日単価 = 月額費用(税抜) / 30日
  • 年間一括の日単価 = 年額費用(税抜) / 330日

詳細な計算方法はサービスサイトの「料金計算例」をご確認ください。

ページの先頭へ