さくらのGaming script:Minecraft Server(統合版)

さくらのVPSで提供する「さくらのGaming script:Minecraft(統合版)」に関するページです。

概要

スタートアップスクリプト「Minecraft Server(統合版)」は、さくらのVPSで作成された仮想サーバー上に Minecraft(統合版)のマルチプレイサーバーを構築できるスクリプトです。Java版についてはこちらをご覧ください。

さくらのVPSなら「14日間無料お試し期間」を利用して、Minecraft(統合版)を低価格なマルチプレイサーバーでスタートしてから、プレイ人数に合わせて上位サーバーへ変更することも可能です。

仕様

提供プラン 全てのプラン
バージョン V4以降のバージョンのみ利用可能
OS Ubuntu 18.04 のみ利用可能

注意事項

「Minecraft Server(統合版)」のご利用に当たり、事前に下記規約への承諾をお願いします。

Mojang利用規約
マインクラフト エンドユーザーライセンス規約
プライバシーポリシー

Minecraftなどのバージョンアップにより、「Minecraft Server(統合版)」が予期せず利用できなくなる可能性があります。

「Minecraft Server(統合版)」で構築されるサーバー環境は、お客様ご自身で管理していただく必要があります。

サーバー管理及び運用方法は、弊社及びMojang社へお問い合わせいだだいてもお答えいたしかねます。

Minecraftに関する情報は、Minecraftのヘルプページに記載のリンク先などをご参照ください。

本スクリプトは、さくらのVPSの「スタートアップスクリプト」機能の一部です。スタートアップスクリプト機能の利用条件やその他詳細についてはスタートアップスクリプトをご確認ください。

事前準備

Minecraft 統合版 クライアントの購入

ご利用になるプラットフォーム(PC、ゲームコンソール、スマートデバイスなど)により購入方法が異なります。お手元のプラットフォームを確認して、販売サイトなどから適切なクライアントをご購入ください。

サーバーの購入

本スクリプトのご利用には、お申込み済みの「さくらのVPS」が必要です。お申し込み方法については、「お申し込みのながれ」をご確認ください。
※ お試し期間中は帯域制限があるため、操作に遅延等が発生する場合があります。

さくらのVPS おすすめプラン
1-4人 5-10人 10人以上

石狩 1G 大阪 1G 東京 1G

石狩 4G 大阪 4G 東京 4G

石狩 8G 大阪 8G 東京 8G
サーバーの購入方法
サーバーをお申し込みいただく際の流れをご案内いたします。

利用手順

Minecraft Server(統合版)のインストール
スタートアップスクリプトの実行から、Minecraft(統合版)へログインするまでの流れをご案内します。

Minecraft Server(統合版)のインストール

左側のメニュー「サーバ」を選択します。右側のサーバ一覧から、スタートアップスクリプトを実行するサーバをクリックします。

「各種設定」から 「OSインストール」 をクリックします。

「標準OS」で「Ubuntu 18.04 amd64」を選択し、管理ユーザのパスワードを入力します。

「スタートアップスクリプト」で「Minecraft Server(統合版)」を選択します。
「※必ずお読みください。」をご確認いただき、「Minecraft使用許諾契約書」に同意いただけましたら、チェックボックスにチェックを入れてページ下部の「設定内容を確認する」をクリックします。

確認画面が表示されます。内容に問題がなければ「インストールを実行する」をクリックします。

インストールが開始されます。完了するまでしばらくお待ちください。

サーバの電源状態が「停止中」から「稼働中」になればインストール完了です。

Minecraftのクライアント側で使用するため、「ネットワーク情報」からIPv4の「アドレス」をお控えください。(右側にあるアイコンをクリックするとIPアドレスをコピーできます)

Minecraft Server(統合版)にログインする

ご利用のプラットフォーム(PC、ゲームコンソール、スマートデバイスなど)で、マルチプレイサーバにログインします。
※以下は「Mincraft for Windows 10」の画面です。

「遊ぶ」をクリックします。

「サーバー」から「サーバーを追加」をクリックします。

「サーバー名」と「サーバーアドレス」を入力して「保存」をクリックします。

サーバー名 任意の名前を入力します
サーバーアドレス マルチサーバーのIPアドレスを入力します

Minecraftサーバーコマンドの実行追加したサーバーをクリックすることで、ゲームが開始します。

Minecraftサーバーコマンドの実行

Minecraft のサーバーコマンドの一例についてご案内します。
サーバーコマンドは「screenセッション」に入った状態で実行する必要があります。

screenセッション

本スクリプトでは「screen」を利用して、Minecraftサーバーをバックグラウンド実行しています。サーバーコマンドを実行したい場合はscreenセッションに入ります。

screenセッションの一覧を表示します。

ubuntu@***-***-*****:~$ screen -ls
There is a screen on:
	12345.minecraft	(12/11/2019 10:22:26 AM)	(Detached)
1 Socket in /run/screen/S-ubuntu.

指定したscreenセッションに入ります。

ubuntu@***-***-*****:~$ screen -r 12345.minecraft

screenセッションに入るとログなどが表示されます。
この状態でサーバーコマンドを入力することにより実行が可能です。

NO LOG FILE! - setting up server logging...
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Starting Server
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Version 1.14.0.9
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Session ID cf2ea57a-8c11-435e-a2e7-5f29035c530d
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Level Name: Bedrock level
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Game mode: 0 Survival
[2019-12-11 10:22:26 INFO] Difficulty: 1 EASY
[2019-12-11 10:22:29 INFO] IPv4 supported, port: 19132
[2019-12-11 10:22:29 INFO] IPv6 not supported
[2019-12-11 10:22:29 INFO] IPv4 supported, port: 57594
[2019-12-11 10:22:29 INFO] IPv6 not supported
[2019-12-11 10:22:31 INFO] Server started.

screenセッションを抜けるには、キーボードの「Ctrl+A」キーを押した後に「D」 キーを押します。

オペレータ権限の設定

プレイヤーにMinecraft内での管理者権限(OP権限)を付与することができます。
例:「UserName」という名前のプレイヤーにOP権限を付与する

op UserName

OP権限が付与されると、メッセージに「Opped: UserName」が表示されます。

ホワイトリストの有効化

ホワイトリストを利用することで、許可されたユーザーのみMinecraftサーバーへログインすることが可能になります。
※ホワイトリストの有効化は、screenセッションから抜けて操作してください

ホワイトリスト機能を有効化するためには、サーバー設定ファイル「/opt/minecraft/server.properties」の一部を変更します。

white-list=false
↓
white-list=true

変更後にMinecraftサーバーを再起動します。

$ sudo systemctl restart minecraft.service

ホワイトリストの追加

ホワイトリストにユーザーを追加します。
例:「UserName」という名前のプレイヤーをホワイトリストに追加する

whitelist add UserName

ホワイトリストに追加されると、メッセージに「Player added to whitelist」が表示されます。

ホワイトリストの削除

ホワイトリストからユーザーを削除します。
例:「UserName」という名前のプレイヤーをホワイトリストから削除する

whitelist remove UserName

ホワイトリストから削除されると、メッセージに「Player removed from whitelist」が表示されます。

Minecraftサーバーの起動・停止・再起動

Minecraftサーバーの状態を確認するには次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl status minecraft.service

起動

$ sudo systemctl start minecraft.service

再起動

$ sudo systemctl restart minecraft.service

停止

$ sudo systemctl stop minecraft.service

OS起動時やMinecraftサーバーの不正終了時に自動で起動させるには、次のコマンドで有効に設定します。
※本スクリプトのインストール後はデフォルトで「有効」になっています

$ sudo systemctl enable minecraft.service

自動起動を無効にするには次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl disable minecraft.service

Minecraftサーバーバージョンのアップデート

初期状態では systemd の minecraft-auto-update ユニットにより、毎朝自動で最新バージョンへのアップデートが行われるように設定されています。

自動アップデートの状態を確認するには次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl status minecraft-auto-update.timer

任意のタイミングで直ちにアップデートを行いたい場合は次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl start minecraft-auto-update.service

自動アップデートを有効にするには次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl enable minecraft-auto-update.timer

自動アップデートを一時的に停止する場合は次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl stop minecraft-auto-update.timer

自動アップデートを無効にするには、stopの後に次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl disable minecraft-auto-update.timer

関連リンク

「さくらのGaming script:Minecraft」について

マイクラをVPSで!さくらのVPSではじめるマインクラフトマルチサーバー

ネコでもわかる!さくらのVPS講座

スタートアップスクリプト

ページの先頭へ