CentOS JupyterLab

さくらのVPSで提供するスタートアップスクリプト「CentOS JupyterLab」に関するページです。

概要

「CentOS JupyterLab」は、さくらのVPSで作成された仮想サーバ上に、統合データ解析環境の「JupyterLab」を構築できるスクリプトです。

Webブラウザからアクセスすることで、簡単にサーバ上のデータにアクセスして分析することが可能です。

仕様

提供プラン 全てのプラン
バージョン 全てのバージョン
OS CentOS7 x86_64 / CentOS8 x86_64

注意事項

本スクリプトは、さくらのVPSの「スタートアップスクリプト」機能の一部です。スタートアップスクリプト機能の利用条件やその他詳細についてはスタートアップスクリプトをご確認ください。

「CentOS JupyterLab」は、さくらのVPS 1Gプランで動作を確認しています。より快適なご利用には2Gプラン以上をご検討ください。

「CentOS JupyterLab」の実行完了には約10分程度の時間を要します。サーバの初回起動時後に実行されるため、完了までしばらくお待ちください。

JupyterLab へのアクセスには、推奨ブラウザ「Google Chrome 」をご利用ください。

JupyterLab で保存したデータは保存先は「/home/jupyter/」です。

利用手順

CentOS JupyterLab 利用時の設定

スタートアップスクリプト 「JupyterLab」を選択します。
Jupyterのログインパスワード設定 Jupyter へログインするためのパスワードを入力します。
Port番号変更 49152〜65534の間でポート番号を指定します。(デフォルト:49152)

JupyterLab へのログイン

JupyterLabのURL 「http://さくらのVPSのIPアドレス:ポート番号」を入力します。
Password 「Jupyterのログインパスワード設定」の項目で設定したパスワードを入力します。

JupyterLab の操作

メニューバー

JupyterLabで使用可能な機能が表示されています。

File ファイルとディレクトリに関連する機能
Edit ドキュメントの編集やその他の関連する機能
View JupyterLabの外観を変更する機能
Run ノートブックやコードコンソールなどでコードを実行する機能
Kernel カーネルを管理するための機能
Tabs ドックパネルで開いているドキュメントに関する機能
Settings 共通設定とエディターの詳細設定に関する機能
Help JupyterLabとカーネルのヘルプリンクのリスト

左サイドバー

左サイドバーには、ファイルブラウザ、実行中のカーネルとターミナルのリスト、コマンドパレット、メイン作業領域のタブのリストなどが表示されます。メニューバーの「View」から「Show Left Sidebar」を選択するか、アクティブなサイドバーのタブをクリックすることで、タブの開閉が可能です。

メインワークエリア

JupyterLabのメインワークエリアでは、ドキュメント(ノートブック、テキストファイルなど)およびその他のアクティビティ(ターミナル、コードコンソールなど)のタブをメインワークエリア内に配置できます。配置したタブは左、右、上、または下にドラッグしてタブパネルを分割することができます。

JupyterLabの詳細な利用方法については、JupyterLab Documentation をご確認ください。

関連リンク

スタートアップスクリプト
JupyterLab Documentation(外部リンク)