おしらせ スタートアップスクリプト 新機能

さくらのVPS、スタートアップスクリプト「Ubuntu_ZabbixServer3.0/Ubuntu_ZabbixAgent3.0」の提供を開始

本日より、さくらのVPSのスタートアップスクリプトにおきまして、
パブリックスクリプト「Ubuntu_ZabbixServer3.0/Ubuntu_ZabbixAgent3.0」の提供を開始いたしました。

Zabbix」はサーバー、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアです。スタートアップスクリプトを使うと、関連パッケージやミドルウェアを自動的にセットアップし、ZabbixServerおよびZabbixAgentをすぐにご利用いただけます。

実際の設定などにつきましては公式のドキュメント をご参照ください。

「Ubuntu_ZabbixServer3.0/Ubuntu_ZabbixAgent3.0」は標準OS Ubuntu16.04 (amd64)に対応しております。さくらのVPSコントロールパネルより「標準OS Ubuntu16.04 (amd64)」」と「Ubuntu_ZabbixServer3.0」または「Ubuntu_ZabbixAgent3.0」を選択し、インストールを実行してください。

「Ubuntu_ZabbixServer3.0」のスタートアップスクリプト実行後は「http://<さくらのVPSのFQDN>/zabbix」にブラウザからアクセスし、ZabbixServerの初期設定を行ってください。

 
[関連リンク]
スタートアップスクリプトについて

ページの先頭へ