おしらせ 新機能

さくらのVPS、標準OSに「SiteGuard Lite (CentOS 7 x86_64)」を追加 [追記有り:2018/02/01]

本日「さくらのVPS」において標準OSに「SiteGuard Lite (CentOS 7 x86_64)」を追加いたしました。

SiteGuard Lite」とは、JP-Secure社が開発する純国産のホスト型WAF(ウェブアプリケー ションファイアウォール)製品で、従来のファイアウォールでは防御できなかったウェブアプ リケーションの脆弱性を悪用した攻撃等を検知し、ブロックするWAFです。

さくらのVPSでは、「SiteGuard Lite」をインストールした「CentOS 7 x86_64」をさくらのVPS向け特別版として無料で提供いたします。(サーバ料金等は別途必要です)。

「SiteGuard Lite」の詳細なセットアップ方法につきましては、弊社Webサイトヘルプページに掲載されている「SiteGuard Lite」の利用方法」をご確認ください。

なお、今回追加になるOSについては 2012年3月29日以降に「さくらのVPS」をご契約いただいたVMが対象になります。そのため「ゾーン(赤枠部分)」が以下のVMはプルダウンに表示されませんのでご注意ください

・東京第1ゾーン
・大阪第1ゾーン
・大阪第2ゾーン

20161030a

 

また、さくらのVPSではフィードバック用ページを用意しております。
VPSの機能に対するご要望をお寄せください。

–[2018/02/01 追記]————
<提供停止記事のリンク>
標準OSインストール機能にて「SiteGuard Lite (CentOS 7 x86_64)」は提供停止となりました。

SiteGuardLiteにつきましては、別途スタートアップスクリプトの用意がございます。
また、お客様にて手動でインストールいただくことも可能です。
詳しい仕様、利用方法などは「SiteGuard Lite(WAF)」 のページを参照ください。

 

■「SiteGuardLite」について
https://www.jp-secure.com/product/siteguardlite/

 

ページの先頭へ